環境ステーションは民間がやっているときも

環境ステーションは民間がやっていることもあります。要するに別にそうした名所に関しては公共ではないと駄目、ということがないわけです。ですから、しっかりとそのあたりは見極めることです。ちなみに自治体がやっているところは利益をほぼ度外視していることになります。環境の啓蒙活動を大事にしているわけです。しかし、民間がやっているときには、いろいろな利益を目的にしています。その一つがビジネスマッチングです。要するに企業の出会いの場である、ということがあります。環境マーケティングなんかをしていることがあるわけです。これが意外と需要があって、やっているところが多いです。複数の企業から出資を募って、やっている自治体があります。つまりは、会員制であり、その会員同士の話し合いの場を提供したりしているところもあります。

環境ステーションでやっていること

環境ステーションでやっていることといえば、まずはなんといっても環境に関してのよいことです。これはビジネスであることもありますし、単純にボランティアであることもあります。ビジネスというのは、要するにどうすれば、経営に負担がないように環境に配慮できるのか、というノウハウとかそうしたことです。大抵の場合、そうしたことをしようとしますと費用が嵩むことになります。企業には色々と社会的な責任がありますが、それでも環境保護に対する法律を守っているならば、それで基本的には十分です。しかし、そうではなく、あくまで更なる環境配慮をしたいと思っている経営者もいるわけです。そうした人たちは非常に稀有であり、そして、価値がありますから、支援をしたほうがよいわけです。そのための施設、ということになります。極端にビジネスに傾倒していないなら、自治体が具体的に支援をすることもあります。

環境ステーションがゴミ処理

ゴミ処理場のことを格好よく環境ステーションと呼ぶことがあります。こうした場合、リサイクル設備も備えていることが多く、別に言葉的には間違っていないですから、特に問題があることではないです。そもそも別に名称を独占して特定の業種や行動を指しているわけではないので、こうした名前が付けられることは決して少ないわけではありませんし、悪いことでもないです。ですから、それはよいですが、実はこうした施設は見学も受け付けていることがあります。何かと問題になる施設でもありますし、役に立っている、ということを対外的にアピールすることもかなり大事であるからそうしているわけです。自治体がやっているところもそうですし、企業がやっているところも意外と無料で見学会などを定期的にやっています。これは一種の社会的貢献の一つであり、広く環境に関する意識を強める目的があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


↑ Top