東京を研修会場にすることのメリット

研修会場を東京にすると、研修参加者が会場へ通いやすいため、宿泊場所を確保する必要性が低くなります。参加者各自が宿泊場所を用意する場合でも、宿泊施設が多いため、宿泊場所の確保に苦労せずに済みます。また、交通の便がいいため、泊まらずに自宅から通える可能性も高くなります。地方だとそうはいきません。公共交通機関の本数が少なく、終電の時間も早いことが多いため、泊りがけで参加することになりがちです。研修が数日間に及ぶような場合、通えるのと宿泊しながらというのでは、費用に大きな差が生じます。都内の交通費は地方に比べて格段に割安であるため、1日だけの研修であったとしても、研修会場が都内であるというのは、参加者にとって都合が良いこととなります。位置の面でも日本の中心にあるため、各地から参加しやすいと言えます。

研修会場は地方よりも東京のほうが

研修する会場を地方ののどかな場所にするというのは、気分もリフレッシュできますし、研修内容によっては、必要なことでしょう。しかし、研修上どうしても必要な場合を除いて、できれば会場は東京とするのが望ましいと言えそうです。全国から参加者が集まる場合、日本の中心となる位置にするほうが、なにかと都合がいいでしょう。位置の面で中心というだけでなく、遠方から飛行機を使う場合も好都合です。たいていの空港には、羽田と結ぶ路線が就航しているものです。羽田以外の空港だと、就航していない場合も多く、そうなると乗り継ぎなどが必要となるため、研修に参加したくてもできなくなる場合があります。距離の面では遠くても、羽田に行くほうがむしろずっと便利であるという例は珍しくありません。

宿泊がいらなくなるケースも多い

研修が数日間に及ぶ場合は、宿泊が必要になることもありますが、都内が会場であれば、通える可能性が高くなります。交通網が発達しており、遅くまで利用できるため、関東地方なら通える可能性は大いにあります。中部地方になると、新幹線代を考えた場合、宿泊したほうが安く済むことにはなりますが、通おうとすれば通えないわけではありません。研修の主催者側が、宿泊場所を提供しなければならない場合、通える参加者が多いというのは大きなメリットとなります。研修参加者が自前で宿泊場所を確保する場合でも、都内には宿泊施設が多いため、どこかしらには泊まれます。選択肢は豊富で、都心でなく、少し郊外になると、安く泊まれる宿泊施設はたくさんあります。参加者にとっても、主催者側にとっても、都内であることのメリットは大きいと言えます。

会場費込みのパーティプランもあります。 面接などに便利な小会議室からセミナーなどの大会議室までご用意しています。 サークルやゼミなどでの使用や、プロジェクターを使用して自主制作映像を上映したりと使い方は様々! ビジネスに便利な東京・大阪・名古屋を中心にAP貸し会議室は展開中! AP貸し会議室は関東に9カ所あります。 会議だけでなく、研修やセミナーなど用途に合わせて会場を提案します。 研修会場を東京駅近くで探すなら